子猫のためにも知っておきたい!猫が食べてはいけないもの まとめ

子猫のためにも知っておきたい!猫が食べてはいけないもの まとめ

おいしいものがあると、子ねこを喜ばせたくて、つい分けてあげたくなるものですよね。けれど少し待ってください。猫には、与えてはいけないものが意外とあるのです。特に、成猫と比べて体の小さな子ねこは、少量でも重い症状が出てしまうことも。子ねこに安全でおいしい食べ物をあげるために、どんな食べ物に気を付ければよいのかをまとめました。

猫に食べさせてはいけないもの

猫に食べさせてはいけないもの

・ネギ類
・チョコレート
・スパイス類
・生のイカ、タコ、エビ
・アワビやサザエの肝
・生卵
・生の豚肉
・骨

特に見落としがちな、猫に食べさせていけないものを5つピックアップしてご紹介します。

子ねこには猛毒!ネギ類

子ねこには猛毒!ネギ類

起こり得る症状:貧血、血尿、嘔吐、黄疸、下痢など
長ネギ、タマネギ、ニラなどのネギ科植物には、「アリルプロピルジスルファイド」という成分が含まれていて、猫の血液中の赤血球を壊し、貧血、血尿、嘔吐などをまねきます。ネギ類を利用する料理は意外と多いもの。うっかりハンバーグやシチューなどをあげてしまわないよう、十分に注意しましょう。また食事のあとはすぐに片付けるなど、子ねこが誤って食べてしまわないように配慮をしてあげましょう。

下痢や嘔吐の原因に!チョコレート

下痢や嘔吐の原因に!チョコレート

起こり得る症状:下痢、嘔吐、けいれん、運動失調など
チョコレートの原料であるカカオには「テオブロミン」という成分が含まれています。この成分が、猫の中枢神経を刺激し、下痢、嘔吐、けいれんなどの中毒症状をまねきます。ときには命にかかわることもあり大変危険。
猫がチョコレートを好んで食べることは少ないですが、子ねこは興味本位で口にしてしまうことがあるので、食べ残しは放置せず、片付けるように心がけましょう。同じく、カカオを原料としている、ココアにもご注意くださいね。

内臓を過剰に刺激!スパイス類

内臓を過剰に刺激!スパイス類

起こり得る症状:嘔吐、下痢、肝機能障害など
コショウや唐辛子などの香辛料は、猫の内臓を強く刺激して、嘔吐など胃腸障害をまねく原因に。スパイス類は、さまざまな食べ物に入っているので、原材料はしっかり確認しましょう。たとえば市販の魚肉ソーセージなどの中にも、香辛料が使われている場合があります。喜んで食べる猫の姿を見ると、ついあげたくなってしまうかもしれませんが、健康のためには与えないようにしましょう。

ビタミンB1欠乏症に!生のイカ、タコ、エビ

ビタミンB1欠乏症に!生のイカ、タコ、エビ

起こり得る症状:食欲低下、嘔吐、けいれん、歩行困難など
生のイカ、タコ、エビなどの魚介類に含まれる「チアミナーゼ」という酵素は、猫にとって必要なビタミンB1を分解してしまいます。ビタミンB1の不足が続くと食欲低下や嘔吐をまねき、背骨が変形してしまうことも。「チアミナーゼ」は加熱するとその働きを失います。イカやタコは猫に必要なタウリンという栄養素が豊富ですし、好きな猫も多いので、与える場合は十分に火を通してからにしましょう。

耳に腫れや発疹が!アワビやサザエの肝

起こり得る症状:耳の強いかゆみ、腫れ、発疹など
アワビやサザエの肝(緑色の部分)に含まれる「フェオホルバイト」という成分は強い光に反応して炎症を起こします。特に毛が薄く、日光にさらされやすい猫の耳は症状が出やすく、光線過敏症により壊死してしまうことも。「アワビを食べると猫の耳が落ちる」という迷信はあながち嘘ではないようです。

子ねこが食べてはいけないもの食べ物まとめ

人には安全でおいしい食べ物でも、小さな子ねこには少量でも命にかかわる危険な食べ物の場合も。事前に与えてよいものか確認をすることはもちろん、触れない場所に置く、匂いが出ないフタつきの容器に入れるなどして、子ねこがうっかり食べてしまわないよう十分注意したいですね。また、急激な食欲不振や激しい嘔吐など深刻な症状が出た場合は、すぐに病院へ連れて行きましょう。

給食の時間

給食の時間
製品情報
オンラインで購入
子ねこ生活ガイド
TOP