子猫がふみふみしたり噛む理由は?猫の習性と行動の意味まとめ

子猫がふみふみしたり噛む理由は?猫の習性と行動の意味まとめ

狭いところに隠れてみたり、一生懸命高いところに登ってみたり、子ねこは元気いっぱい!そうかと思えば、柔らかいものをふみふみ、飼い主さんにすりすり、思わず「キュン」とする仕草を見せたりもします。子ねこの行動は見ていて飽きませんが、「どんな意味があるのかな?」と不思議でもありますよね。ここでは子ねこがよくする仕草の意味や習性と、困った行動のしつけ方法をご紹介します。

こんなにある!猫の主な習性や行動

こんなにある!猫の主な習性や行動

猫には主に8つの大きな特徴があります。
・ふみふみする
・甘噛みする
・すりすりする
・高いところに登る
・狭いところに入る
・夜に騒ぐ
・寝ている時間が長い
・ひっかく

1つ1つ、猫の習性や行動の意味、困った行動をした時のしつけ方も見ていきましょう。

甘えたい!毛布などをふみふみ

生まれたばかりの子ねこは、お母さん猫のお乳の出をよくするために、前足でふみふみ揉みながら飲みます。毛布などあたたかくて柔らかいものに触れると、その時の感触や幸せな気持ちを思い出して、ふみふみする猫が多いようです。時には飼い主さんのお腹でふみふみすることも。赤ちゃんに戻って甘えたい気持ちの表れなので、思う存分甘えさせてあげてくださいね。

噛み癖防止対策方法!子ねこの甘噛み

噛み癖防止対策方法!子ねこの甘噛み

遊びの延長、愛情表現、撫ですぎ、歯がゆい、刺激不足など猫が噛む理由はたくさん考えられます。放っておくと噛み癖がついてしまうことも。噛まれた時は、遊んでいても中断して無視をするのが原則。そうすると噛むのは「悪いこと」なのだとだんだん覚えます。また、甘噛み防止策として次のことも有効です。
・長時間撫でない
・遊ぶ時はおもちゃなど手ではないものを噛ませる
・満足するまで思い切り遊んであげる

叩いても猫が怖がるだけなので、しつけのためだからと叩く必要はありません。猫との絆を深めていきながら、少しずつ噛み癖を直していきましょう。

顔をすりすりするのはマーキングやおねだり行動

猫の頬や顎にはニオイを出す臭腺があります。柱などこすりつけやすい場所に顔をすりすりすることで、ニオイをつけてマーキングをします。飼い主さんにすりすりするのも、「これは自分のものだよ!」という主張。外出から帰ってきた時やお風呂上がりで、自分のニオイがなくなっていると、すりすりします。
猫は自分のニオイに囲まれると安心するので、好きなだけさせてあげましょう。他にも「遊んで!」「ご飯ちょうだい」など、おねだりや甘えていることもありますよ。

登るの大好き!高い場所は安心スペース

登るの大好き!高い場所は安心スペース

猫は高いところが大好き。冷蔵庫の上やカーテンレールなどによく登ろうとします。高い場所は敵に襲われにくく周りがよく見えるため、本能的に安心できるからです。
部屋に高いところが無い場合は、キャットタワーを置くのがおすすめ。高さのある遊び場になるだけではなく、リラックススペースにもなるので、喜んで利用してくれるでしょう。ただ、登ってはみたものの降りられない!ということもたまにあります。子ねこの場合は特に注意して見守るようにしましょう。

入らずにはいられにゃい!狭いところも大好き♪

入らずにはいられにゃい!狭いところも大好き♪

猫は昔、敵から身を守るため穴ぐらに隠れていました。そのなごりで狭いところを安全な場所だと感じます。来客などで不安になりそうな時のために、慣れ親しんだキャリーバックを人目につかない場所においてあげるなど、すぐに隠れられる場所をいくつか用意してあげたいですね。入ってほしくない危険な場所は、ものを置くなど対策を。
また、狩猟本能が刺激されて、小動物が隠れているかも?と狭いところに入る場合もあります。そんな時は、トンネル型のおもちゃなどで遊んであげるのがよいでしょう。

夜に大騒ぎするのは夜行性だから

猫は夜行性の動物です。狩りをしていたのもこの時間なので、夜に目が冴え、騒がしくしてしまうのは仕方のないこと。気が済むまで走らせてあげましょう。猫は暗くてもちゃんと見えるので、照明をつける必要はありません。騒音が気になる時は、防音シートを敷く、音の出るおもちゃはしまうなどの対策を。
一緒に暮らすことで、だんだん人間の生活リズムになっていくこともあります。寝る前にたっぷり遊んであげると、満足して寝やすくなりますよ。

寝る時間が長い!子ねこは20時間以上も

寝る時間が長い!子ねこは20時間以上も

猫は肉食動物なので、いつでも狩りで充分な力を出せるように、長い時間眠り、体力を温存します。成猫で平均14時間ほど。寝ている間に成長ホルモンが分泌されるため、ぐんぐん育つ子ねこの時期はさらに長く、20時間以上寝ています。猫ならぬ「寝子」と呼ばれることも。寝ている時は、邪魔せずたっぷりと寝かしてあげましょう。

ひっかくのはストレス?おもちゃで楽しく発散!

子ねこがひっかくときの気持ちはさまざまですが、室内飼いの場合は刺激不足でストレスがたまっていることも。一緒にたっぷり遊んであげることで、子ねこのストレスを発散できて、攻撃性も抑えられます。紙のボールなどひっかくおもちゃを使って遊んであげるのも良いですね。ただし、猫は前足をよく使うので偶然爪が当たってしまうこともしばしばあります。こまめな爪切りで傷を最小限に抑える対策も忘れないようにしましょう。

子ねこの行動まとめ

子ねこはたくさんの行動で、飼い主さんにいろいろなことを伝えようとしています。子ねこの動きに注目して、気持ちを通わせることができたら、子ねことの絆がより深まってさらに愛おしい存在になることでしょう。

爪とぎの理由

爪とぎの理由

グローバルな校風

グローバルな校風
製品情報
オンラインで購入
子ねこ生活ガイド
TOP