年齢に合った食事や育て方が大切なのは、猫も人間も一緒です。年齢に応じた食事はもちろん、わからないことだらけの子猫の飼い方・育て方や、健康が気になるシニア期のケアについての情報をご紹介します。

  • 12ヶ月までの子ねこ編
  • 1歳からの成猫編
  • 8歳からのシニア編
  1. しつけ基本

    社会行動の中で学ぶ

    子ねこの性格は、生後3~10週間頃の社会化期に形成されます。従って、成長してからの行動は、社会化期をどう過ごしたかで決まるのです。この時期に集中して人と関わった場合は、成長してからも人なつっこいままでしょう。みんなからかわいがられる猫に育ってほしいなら、子ねこの段階からあらゆる年齢層の人に会わせ、話しかけ、なでてもらうことが重要なのです。

    幼少期の学習

    子ねこの新しいお母さんとして、人間社会のルールを教えてあげましょう。悪い行動をしたときは、無視が原則です。叱るときは、悪い行動をした瞬間に叱らなければ意味がありません。子ねこが何かよいことをしたときには、必ず言葉でほめたり、優しくなでたりするようにしましょう。このような努力を地道に重ねていくことで、猫は悪い行動と良い行動を学んでいきます。

    このページの先頭へ

  2. トイレのトレーニング

    場所を覚えさせる

    子ねこの行動をしっかり観察します。はじめのうちは、猫用トイレをちょっとだけ警戒するかもしれません。子ねこが床の匂いを嗅いだり、ぐるぐると回ったり、床を掘るような仕草を見せたら、すぐ猫用トイレへ連れて行きましょう。何度かやっているうちに、子ねこは猫用トイレに行くこと=猫用トイレの中で用を足すこと、と認識し、その場所を覚えます。

    見えなくても、手は届く場所に置く

    一般的に、子ねこは人が見ているところでは排せつをしたがらないので、誰からも見られないような場所でありながら、いつでも行けるところに猫用トイレを置かなければいけません。子ねこはとてもキレイ好きなので、猫用トイレは常に清潔にしておくことが重要です。

    トイレを覚える

    子ねこが猫用トイレを正しく使えたら、たっぷりの愛情とちょっとしたごほうびのおやつなどで必ずほめましょう。そうすれば、子ねこはすぐに猫用トイレで排せつすればほめられることを理解し、驚くほどの早さで猫用トイレの使い方に慣れていきます。必要なのは少しの辛抱とたくさんの励まし。そうすれば子ねこは粗相をしなくなります。

    このページの先頭へ

  3. 爪研ぎ

    屋外の猫は、木やフェンスをひっかくことで爪を研いでいます。屋内で生活する子ねこには、家具を爪研ぎ代わりに使われないためにも、猫用の爪研ぎを用意してあげることが重要です。うまく爪を研いだら、体を撫でて褒めてあげましょう。爪研ぎを引っかくことで猫の爪は短くなりますが、こまめに子ねこの爪を切っておけば爪研ぎをしない猫に育ちます。まだ幼い時期から爪を切ることに慣れさせておくと、成猫になったときも嫌がりません。猫の爪切りに自信がないときは、獣医さんに相談しましょう。

    このページの先頭へ

  4. グルーミング

    なめる習性

    子ねこは生まれつき体をなめる習性があります。どんなに小さな子ねこでも自分で一生懸命に毛づくろいをするようになり、鋭い歯と、クシの役目を果たすざらついた猫の舌が、汚れ、寄生虫、抜け毛を取り除きます。

    つややかな毛並みは健康の証

    子ねこは自分の毛をなめてお手入れをするため、胃や腸にたまった毛玉が腹痛や下痢の原因になる場合があります。腹痛や下痢を防ぐために、子ねこの頃からこまめにブラッシングをしましょう。ショートヘアーの子ねこは週に1度、ロングヘアーの場合はもつれやすいので毎日ブラッシングをしましょう。
    グルーミングは、飼い主さんと子ねこの素晴らしい関係を築く方法としても最適です。猫は水を嫌がるので、お風呂も苦手です。もっとも、猫に入浴が必要なケースは限られますから、お風呂嫌いをあまり心配する必要はありません。子ねこを清潔に保つために、毛の状態をこまめにチェックして、ノミ、ダニ、フケ、抜け毛などに注意しましょう。少しでも気にかかることがあれば、かかりつけの獣医さんの検診を受けましょう。

    このページの先頭へ

  5. 攻撃性を抑えるには

    家の中や縄張りは安心できるお気に入りの居場所ですが、子ねこには刺激も必要です。刺激がないと子ねこにストレスがたまり、その結果攻撃的になって飼い主さんを引っかいたり、噛んだりする場合もあります。子ねこの攻撃性を抑えるために一番よい方法は、飼い主さんと子ねこが一緒に遊ぶことです。子ねこが追いかけたり引っかいたりするものがあれば最高です。紙のボールを糸につければ、ボールを部屋の中で追いかけさせたり、家具の上にフワッと落としたりできます。

    このページの先頭へ

たくさん食べて元気に育つ 栄養と食事編