年齢に合った食事や育て方が大切なのは、猫も人間も一緒です。年齢に応じた食事はもちろん、わからないことだらけの子猫の飼い方・育て方や、健康が気になるシニア期のケアについての情報をご紹介します。

  • 12ヶ月までの子ねこ編
  • 1歳からの成猫編
  • 8歳からのシニア編
  1. 必要な栄養素とその理由

    キャットフードのラベルには、原材料や含まれている栄養素が表示されています。ここでは、キャットフードの原材料に含まれる栄養素と、それぞれの役割について学びましょう。

    ビタミン

    ビタミンは子ねこの視覚、骨の成長、代謝機能に特に重要な役割を果たします。それぞれのビタミンには各々特別な役目があり、例えば足を怪我した場合、ビタミンKは止血、ビタミンB2は新たな皮膚の再生を促進します。ビタミン豊富なキャットフードには、魚、野菜、レバー、穀類などが含まれます。

    ミネラル

    ミネラルは子ねこの歯や骨を強くし、代謝機能を高めます。ミネラルの中でも特に必要なのが、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウムです。鉄、銅、マンガン、亜鉛、セレンといったミネラルも微量ですが必要です。ミネラル分が豊富なキャットフードには魚、肉、レバー、乳製品、穀類などが含まれます。ミネラルは吸収されにくい性質があるため、ミネラル過多は猫にとってかえって害になる場合もあります。バランスが取れた総合栄養食のキャットフードを与えていれば、ミネラルのサプリメントなどを与える必要はありません。

    必須脂肪酸

    子ねこの健康、皮膚、被毛、再生機能、代謝機能を維持するために必要なのが必須脂肪酸です。脂肪と必須脂肪酸(脂肪の主な構成要素)はエネルギー源であるだけでなく、食事を風味豊かなものにする役割も担います。また、 脂肪はビタミンA,D,E,及びKといった脂溶性ビタミンの吸収を促進します。脂肪と必須脂肪酸が豊富なキャットフードには、動物性脂肪、植物油、肉や家禽類の副産物などが含まれます。

    炭水化物と繊維質

    炭水化物は子ねこのエネルギーになり、繊維質は腸の健康維持に役立ちます。繊維質を摂ることで善玉菌が増えたり、毛玉を押し流したりして、快便になります。子ねこの体内で炭水化物はエネルギーに変化し、グリコーゲンとして体内に貯蓄されます。炭水化物と繊維質が豊富なキャットフードには米、トウモロコシ、小麦などの穀類が含まれています。

    タンパク質

    タンパク質は子ねこの健やかな成長や筋肉の形成に重要な役割を果たします。例えば、被毛、皮膚、爪、筋肉、内臓はそのほとんどがタンパク質から構成されます。

    タンパク質を取ろう

    猫はもともと肉食動物ですから、タンパク質の大部分を肉から摂取します。植物由来のタンパク質は、ほんの少ししか摂りません。特に子ねこの成長には、たくさんのタンパク質が必要です。多くのエネルギーを消費する子ねこの健康的な発育のためには、体重1キロに対し10グラムのタンパク質が必要です。これに比べて、人間は体重1キロあたりに必要なタンパク質はわずか1グラム、成猫は6グラムです。
    タンパク質が豊富なキャットフードには、肉、卵、魚、植物性タンパクなどが含まれています。

    タンパク質の役割は?

    タンパク質には、体の組織を構成し、成長・再生させる機能があります。また、抗体や酵素、赤血球、白血球を構成する役目もあります。タンパク質はアミノ酸から成り、それぞれのアミノ酸に切断されると、腸から吸収されて体の組織の中で再構築されます。アミノ酸は22種類あり、体内で合成されるアミノ酸と、体内では合成されない必須アミノ酸に分類されます。必須アミノ酸が不足すると、欠乏性疾患や視覚機能や心臓の異常といった健康問題を引き起こします。タンパク質を作るアミノ酸ではありませんが、肉に多く含まれるタウリンは、猫の健康を左右する栄養素のひとつです。タウリンは、脳の正常な働き、視覚機能、心臓、神経系統においても重要な働きをします。

    カルカン®は全て総合栄養食

    野生の猫は、捕獲した獲物からタンパク質を補給します。家庭で飼育する猫には、カルカン®のキャットフードでタンパク質を補給しましょう。カルカン®は、猫が健康で長生きするために必要な必須アミノ酸やビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養素をすべて摂取できます。猫の健康を保つ食餌は、カルカン®と新鮮な水だけで十分です。

    子猫用フードの製品情報はこちら

    このページの先頭へ

  2. 子ねこの食生活ガイド

    授乳期

    子ねこが最初に飲む母乳は非常に濃厚で、初乳といわれます。初乳は生まれ立ての子ねこの体内に、ウイルスなどから身を守り健やかな成長を促す抗体を与えます。生後4週間頃までは母乳以外の食べものをあげないで下さい。母猫からの授乳ができない場合は、猫用ミルクを与えてあげましょう。

    離乳期(生後4週目頃から)

    この時期になると、母猫の口のまわりについたご飯をなめたりして、ミルク以外の食べ物を口にするようになります。これが乳離れの初期段階です。この時期から水を飲みはじめます。新鮮で清潔な水を入れたボウルを置き、水がいつでも飲めるようにしておきましょう。
    生後8週目頃までには乳離れを終わらせましょう。1日あたりの食餌量が、だいたいカルカン®子ねこ用パウチを2袋~3袋、カルカン®ドライ子ねこ用を30グラムくらいになれば乳離れ完了です。

    12ヶ月まで

    • 小さな胃、旺盛な食欲
      子ねこは人間の赤ちゃんに比べると、15倍の速さで成長します。体重あたりで比べると、子ねこは成猫よりもずっと多くのエネルギーが必要です。しかし、生まれたての子ねこの胃の大きさは人間の親指の爪くらいしかないので、一度にたくさん食べることができません。生後4ヶ月くらいまでは1日の食餌を5~6回くらいに分けて、ちょっとずつ与えるようにしましょう。
    • まだまだ子ねこ
      生後4ヶ月以降の子ねこにおける一食の適量は、カルカン®子ねこ用パウチ1/2~1袋です。子ねこにちょうどよいカロリー・ビタミン・カルシウムを供給します。また、フレークが細かいので、子ねこの小さな口、小さな歯、小さな胃袋にもちょうどいいのです。生後4ヶ月から6ヶ月までは、子ねこに1日3~4回の食事を与えます。生後6ヶ月からは、1日2~3回に減らしていきましょう。
    • 不妊・去勢手術後の食餌
      生後6ヶ月~8か月くらいまでに不妊・去勢手術を受けた場合、手術後は太りやすいので、カロリーを控えめに調節して得あげましょう。
    • 子ねこから成猫へ
      生後10ヶ月くらいから(大型種のオスでは14ヶ月くらいから)徐々に成猫の食餌に移行します。例えば、カルカン®子ねこ用パウチを毎食2つ、カルカン®ドライ かつおと野菜味を1日40グラム与えるなどを試してみてください。
      ただ、キャットフードの切り替えの時期が早すぎると、必要とするエネルギーが十分に摂取できず、体重が順調に増えなくなります。切り替えをできるだけ自然にできるよう、いきなり成猫用のキャットフードだけを与えるのではなく、最初は子ねこ用のキャットフード3/4に、成猫用のキャットフードを1/4くらい混ぜて与えます。猫のウンチの様子を見ながら2週間くらいかけて成猫用のキャットフードを増やしていき、最終的には成猫用のキャットフードへと切り替えていきましょう。

    1歳から

    子ねこも1歳になると大人の猫の仲間入りをします。そんなときには カルカン®パウチが最適です。カルカン®パウチには猫の健康を保つための栄養素がすべて含まれており、猫の生活の質を高めます。猫に必要なビタミンやその他の栄養素がバランスよく含まれているカルカン®を与えれば、猫は健康で毎日を暮らすことができるでしょう。飽きっぽい猫にキャットフードの変化を楽しませたいときは、カルカン®のドライを食餌に混ぜてみましょう。舌触りと味にバリエーションができるから、あなたの猫も大喜びです。

    1歳からの成猫用フードの製品情報はこちら

    このページの先頭へ

  3. 与えてはいけないもの

    人が食べたものの残りを、子ねこにあげてはいけません。人間には安全なものでも、猫にとっては有害なものもたくさんあります。特に、ネギ類やコショウや唐辛子などのスパイス類は害が強く、子ねこの命にかかわることもあります。また、一般的に人間の食事は猫にとって塩分過多ですし、子ねこが必要とする栄養素が不足したり、欠如しています。
    さらに生の魚や肉もいけません。生魚や生肉は、サルモネラ菌やトキソプラズマという寄生虫を含んでいる場合があります。動物の骨は喉に刺さるので、調理済みでも与えてはいけません。
    タンパク質、ミネラル、ビタミンなどが豊富で栄養のバランスが取れたキャットフードだけを与えるようにし、子ねこの健康を守ってあげてください。

    このページの先頭へ

子ねこの健康のために 病気と健康編