猫のしっぽでキモチが分かる!?まとめて解説!

猫のしっぽでキモチが分かる!?まとめて解説!

初めて子ねこを飼うと、気持ちがわからなくて、どう接したらいいか分からないこともあるかもしれません。そんなときは、しっぽの状態を見て判断するのも1つの方法。猫のしっぽには、バランスをとったり、マーキングしたりする役割の他、感情を伝える役割もあるんですよ。しっぽがどんな動きのときに、どんな気持ちなのかをご紹介します。

甘えてるのかな?機嫌が良いときのサイン

ピーンと立っている

ピーンと立っている

しっぽを真上にピンと伸ばしているときは、甘えているときです。しっぽを立てると居場所が分かりやすくなるため、子ねこがお母さん猫にアピールするためにしっぽを立てるようになったと言われています。また、お母さん猫におしりをキレイになめてもらうときもしっぽを立てるので、そのなごりという考え方も。
子ねこがしっぽを立ててすり寄ってきたときは、なでたりしてたくさん甘やかしましょう。「ご飯が食べたいよ~」と甘えていることもあるので、空腹ではないかもチェックしましょう。

ゆっくりと動かしている

ゆっくりと動かしている

しっぽがゆっくりと揺れたり、ときにはピタリと止まったりしながら、ゆったり動いているときは、リラックスしているときか、興味あるものを見つけたとき。
のんびり寝転んでいたり目を細めたりしているなら、リラックスをしていることが多く、何かをじっと見つめているなら、興味あるものを見つけたときの可能性が高いです。大きな音を立てて邪魔をしないよう、そっとしておいてあげましょう。

イライラしてるかも?機嫌が悪いときのサイン

激しくパタパタ動かす

激しくパタパタ動かす

しっぽを勢いよくパタパタと動かしているときは、イライラしています。「怒っているんだぞ」と言いたげに、地面に強く打ち付けたり、激しく左右に動かしているので、すぐに機嫌が悪いことを察知できるでしょう。そんなときにだっこしたり話しかけたりすると、余計に機嫌を損ねることに。コミュニケーションをとりたいときも、猫が落ち着いてからにしてあげましょう。

逆立てて膨らんでいる

逆立てて膨らんでいる

しっぽの毛が逆立ち、倍ほどの太さになるのは、こわいときや驚いたとき。相手を威嚇しているときや攻撃しようとしているときも逆立ちます。子ねこは、初めて見るものが多く好奇心も旺盛。成猫に比べて驚きやすいため、しっぽを逆立てている姿を見る機会も多いでしょう。この状態のときは気が立っているので、威嚇しているものが危険なものでなければ、そっと見守りましょう。

しょんぼりしてる?その他のときのサイン

だらりとたれている

だらりとたれている

猫のしっぽは、しょんぼりすると力なくだらりとたれます。叱られた後や、狩りや遊びで失敗したときなどによく見られる光景です。特に、狩りや遊びが上手にできない子ねこの時期は、見られる機会も多いかもしれません。状況に合わせて、見守る、なぐさめるなどしてあげましょう。
ただし常にだらんとしているときは、病気などで体調を崩している可能性も。子ねこの様子をよく観察して、動きが悪い、食欲がいつもよりないなど気になることがあれば、診察してもらったほうがいいでしょう。

座った状態で、しっぽを上下にパタ、パタ

座った状態で、しっぽを上下にパタ、パタ

座った状態でゆっくりと、しっぽを上にクルン、下にパタンと動かしているときは、これからどうしようかと次の行動を考えているときです。好奇心旺盛な子ねこの間は、思い立ったらすぐ行動に移すことが多いため、考え事をすることは少ないかもしれませんが、もししっぽを上下に動かす姿を見たら、邪魔をせずにじっくりと考えさせてあげましょう。

猫のしっぽの動きまとめ

いかがでしたか?猫のしっぽの動きは、さまざまな気持ちの表われなんですよ。猫は気まぐれといいますが、子ねこのうちは特に気持ちがころころと変わりやすい時期。「今どんな気持ちなんだろう?」と気になったときは、しっぽの動きを見て気持ちを考えてみてくださいね。

しぐさのサイン

しぐさのサイン

グローバルな校風

グローバルな校風
製品情報
オンラインで購入
子ねこ生活ガイド
TOP